服の細道

ミリタリーとアメトラにハマった男の末路です

MENU

【アメトラ初心者集合】デニム+革靴でサクッとアメトラを楽しむ話

最近ミリタリーばっかり記事にしていたので、久々にアメトラについて書こうと思います。ミリタリーの記事ももし良かったら、見てね!

 

fuku-no-hosomichi.com

fuku-no-hosomichi.com

fuku-no-hosomichi.com

fuku-no-hosomichi.com

アメトラの記事もどうぞ(小声)

 

fuku-no-hosomichi.com

fuku-no-hosomichi.com

fuku-no-hosomichi.com

 

さて、今日はアメトラもミリタリーと同じくらい簡単にお洒落になれる話でもしようかと思うんです。興味ありますでしょ?あっ、そうですか…。

 

まぁ興味ないお父さんも最後まで読むと、ちょっと見方が変わると思います。

アメトラって、実は皆さんが思っているよりもずっと簡単にコーデに取り入れられるんです。

興味少し出てきたでしょ?コーデ付きで説明するのでまぁ、一杯飲みながら。

 

目次

 

デニムと革靴で簡単にアメトラを取り入れよう

ジーンズ+革靴=アメトラ

 

こんだけ。ね?簡単でしょ?日本人、特にお父さん世代はアメカジブームを経験している人が多いと思いますが、その甲斐あってかジーンズはお父さんの休日の制服になりました。それくらい浸透しているし、1本は持ってますよね。

 

で、お洒落に関心の無いお父さんはデニム+スニーカーの着こなしを定番としているはず。うんうん、分かる分かる。

 

A.ダメです

 

いや、ほぇ?って顔しながら固まってますよ。ちょっと考えれば分かるじゃ無いですか~。

 

  • みんなやってる=差別化難しい=お洒落にするのが難しい
  • デニム(カジュアル)+スニーカー(カジュアル)=弩カジュアルッッッ!

 

つまり、みんなやってるめちゃカジュアルな格好はお洒落からほど遠いってことです。現実は非情である。しかし、裏を返せば上の式を少し変えてあげれば良いんです。

 

それが、デニム+革靴ってわけです。

 

アメトラの属性から考える

以前記事にもしましたが、アメトラは属性で細分化するとドレスにスポーティを足した物であると考えています。ボタンダウンシャツはもともとスポーツ用のシャツのディティールですし、ブレザーはスポーツコートの一種です。

 

つまり、ドレスに利便性や合理性が味付けされているとアメトラになるんだと勝手に解釈しています。んで、上の式。

 

デニムは元々は労働着で動きやすさや耐久性があります。そこにドレスの象徴である革靴を持ってくれば、アメトラの属性解釈にピタリと当てはまるわけです。

 

これ割と的を射てると思うんよなぁ…。

 

コーデ例

参観会の最適解コーデ

トップス:ポロラルフローレン 古着シャツ

ボトムス:エドウィン 403

シューズ:ロスコ オックスフォードシューズ

 

 

 

 
以前記事にした「参観会にパパが着ていく最適解(字余り)」コーデです。実際に着用すると、こんな感じになるんですね。

 

fuku-no-hosomichi.com

 

どう?お洒落なお父さんって感じしません?トップスもシャツも靴も、全て合わせても3万円で十分おつりが来るコーデです。

 

トップスは古着のラルフのシャツを着ています。古着で、かつ市場に多く出回っているため5,000~8,000円ほどで買えると思います。もっと安く抑えたい人は、ユニクロの「エクストラファインコットンブロードシャツ(早口)」をワンサイズ上げて着用しても同じようにコーデがくめます。

www.uniqlo.com

 

ボトムスはジーンズの老舗で有名なEDWINです。スリムストレートシルエット、かつ濃紺の色を選んでいるためデニムでもきれいな着こなしに見せることが出来ます。スキニーでも良いですが、今のワイドパンツトレンドを考えると、これくらいのスリムなシルエットの方がやり過ぎ感が無くて馴染みます。

 

靴は我らがロスコのカジュアルな革靴です。記事にして散々良さを語っているので、興味がある方は是非。

 

fuku-no-hosomichi.com

 

革靴でも、あまりビジネスシューズ寄りな物は選ばない方が吉です。デニムにビジネスシューズを合わせると、ドレスとカジュアルのメリハリが付きすぎて違和感につながります。

 

あくまで革靴だけど、トゥが丸いようなカジュアルな要素が入っている革靴を選ぶようにしましょう。入門にはロスコが最適です。興味がある人は是非(再放送)。

 

このTシャツがまぁ~かわいいんです

トップス:coupronde

ボトムス:another 20th century

シューズ:ロスコ

 

www.coupronde.com

another20thcentury.jp

 

 
1つ目がシャツだったので、お次は真っ赤なTシャツを。このTシャツ、写真だと伝わらないかも知れませんが、えげつない光沢があります。ギザコットンと呼ばれる…ざっくり言うとめちゃくちゃ細くてキレイでしなやかでお高い綿を100%使っています。
 
このブランド自体ローンチが最近なので知られていませんが…このTシャツはかなりオススメです。1枚1万円ほどで買えるTシャツの光沢では無いです。
 
ボトムスはアナザーの炭鉱で働く人の作業着をモチーフに作られたデニムです。かなりメリハリの強いワイドテーパードシルエットなので、丸っこい革靴との相性が高いです。あと、写真じゃ見えないけどシンチバックもアクセント効いてます。
 

夏の白Tデニムコーデ

 

トップス:anotoher 20th century

ボトムス:orslow

シューズ:ロスコ

 

 

 

 

 
最後は夏にぴったりな白Tとデニム、そこに革靴を落とし込んだスタイルです。2つ目と3つ目は、アイテム単体で見るとカジュアル要素がかなり強いですが、しっくりきているのは下半身でちゃんとアメトラを意識しているからですね。
 
とはいえ、色落ちしているレギュラーストレートのデニム、無地の白TではなくプリントTと、どちらもカジュアルなものを選びました。少しカジュアル具合が強めですが、なんとなくサマになっているように錯覚するのは、革靴のおかげですね。やロN1。
 

まとめ

結構万能な組み合わせだからオヌヌメ

やっぱ革靴ってすごい

 

デニムと合わせるだけでラフだけどかっこよくなるし、Tシャツと合わせても子供っぽくなるのを防いでくれています。真夏には半袖Tシャツ、春秋にはシャツ腕まくりで合わせてあげればほどよいアメトラ感出ますね。

 

アメトラをこの夏取り入れたい方はデニム+革靴の式を是非試してみてください。びっくりするくらい簡単で、かっこよくなれますよ!