服の細道

ミリタリーとアメトラにハマった男の末路です

MENU

お父さん世代がユニクロU2023春夏で買った方が良いアイテムを真面目に鼻ホジしながら紹介 前編

(ラインナップ全部)出とるやんけ!!

 

www.uniqlo.com

 

当ブログでは、基本的にミリタリーやトラッドにまつわる内容が中心となっているため、ユニクロにフォーカスすることはさほどありません。

 

※ただし、ユニクロUは除く

 

あんまりユニクロUを知らない人に簡単に説明しますと、ユニクロ以外で服を買わない人が唯一トレンド最前線に触れることが出来るお祭りです。春夏と秋冬、この2回をきちんと押さえておくことで、お洒落に疎いお父さんも流行に沿ったお洒落をユニクロ価格で楽しむことが出来るのです。

 

ま、世のファッションインフルエンサーがこぞって取り上げる内容ですので、果たしてこのブログの読者に需要があるか分かりませんが、ミリタリー大好き&お父さん世代の味方の私が、私なりの視点で紹介するから見とけよ~見とけよ~?

 

スポンサーリンク

 

 

目次

 

ユニクロU2023春夏ラインナップを一緒に見ていこうぜ

 

このデニムジャケットもユニクロUなんよ

 

fuku-no-hosomichi.com

 

ユニクロUの詳細は以前のラインナップに触れた記事を見て欲しいんだ。クリエイティブディレクターのルメールさんの感性とユニクロの物づくりがジャストフィットしているんだZE☆ということが書かれています。今回は趣向を変えて、カテゴリごとに思ったことを短く書いていこうかなって思います。誰も見ていないことを良いことに好き放題書いてやるぜゲヘヘ。

 

ホームページの上から順番に見ていくので、気になったらユニクロアプリに切り替えて見ながらお楽しみください。あと、文字数の関係で前後編に分けようと思いますので、併せて後編も見てね。

 

スポンサーリンク

 

 

ルックブックから見る今回のテーマ

 

www.uniqlo.com

 

今回はベージュ、生成り色が多用されているように感じます。春夏らしい明るく淡い色味がとても多いので、気持ち的に明るくなるカラーラインナップです。一方で、濃いめの紫色のアイテムも複数目立ちます。メインカラーなんですかねぇ?

 

レディースはテラコッタカラーが目立ちますね。あれです、レンガ色です。相変わらずレディースの方が力入ってんなって思ってしまいますが、まぁ関心具合が違うからね、仕方ないね。

 

男女ともにシックでカジュアルな感じが、フレンチカジュアルを想起させますね。普段こういう格好をしない人でも、ベースがカジュアルなので取り入れやすいと思います。

 

あと、前回ほどミリタリー、ワークを感じませんね。そういうアイテムはもちろんありますが、春夏は爽やかさのおかげで和らいでいるように感じます。

 

…マジで感想レベルの文章だなこれ。まぁ良いか(思考放棄)。

 

スポンサーリンク

 

 

アイテムインプレッション

 

ここからはアイテムカテゴリごとにアイテムを見ていきましょう。オススメ度とか書いた方が良いです?所詮私の感性なんで、あんま当てにしないでええんやで。あ、でもミリタリーとかの雰囲気が好きなお父さん世代の人は、ある程度参考にナルト思うので参考にしてくれってばよ。

 

スポンサーリンク

 

 

アウター

 

まずはアウターですがすっくねぇ…。3つて…。いやまぁ、春夏のアウターって着用期間短いので理解は出来ますが、お祭り感を一番感じるのって、やっぱり長物じゃないですか?ちょっと残念だなぁ…。

 

詳しくはアイテムごとに書いていますが、一番オススメなのはオーバーサイズユーティリティジャケットです。

 

スポンサーリンク

 

 

オーバーサイズステンカラーコート

 

www.uniqlo.com

 

所謂スプリングコートです。コットンナイロンの薄手の生地で、ざっくり羽織ることが出来ますよ~というタイプのアウターですね。膝上丈、ボタンが剥き出しの大きめなフラップポケット、ナチュラルなカラーリングというカジュアル使いにぴったりなコートとなっています。

 

ま、ふ~んって感じですね。ぱっと見は普通のステンカラーコート、素材やシルエットも普通、色味は春夏らしいのでそこは良いポイントだとは思いますが、インパクトには欠ける印象です。まだロングコートを持っていない人にオススメできるかと思いましたが、春夏用のコートに13,000円出すべきかと聞かれると…うーん…。

 

生地感もつるっとしていて、ビジネスコートに見えそうなので、個人的には実店舗で見て判断しますが、オススメはしないかなぁ~。

 

スポンサーリンク

 

 

オーバーサイズユーティリティージャケット

 

www.uniqlo.com

 

一見シンプルなミドル丈のジャケットです。ワークというよりは、ミリタリージャケット味が強いかな?光沢のあるコットンツイル素材に、ピンクやグレーなどのいかにもフレンチカジュアルなカラーリングがすごくマッチしているように感じます。こういうジャケットをオリーブや黒でやると、途端にミリタリー味が前面に出すぎて違った印象になっていたと思います。

 

このアイテムだと、ピンクがオススメです。他のアイテムを無難にまとめて、このジャケットで外す着方が一番やりやすいと思います。着丈が程よく長いのも好印象です。もっと短いと、農協の人になっていたと思いますからね。

 

ミリタリーアイテムがベースにあると思うので、お洒落にミリタリーを着こなしたい人は、このアイテムから初めてみるのが良いように感じます。

 

スポンサーリンク

 

 

ショートジャケット

 

www.uniqlo.com

 

おぉ~ん…?これは…どこに向けたアイテムなの…?インラインにすごく出来の良いデニムジャケットがあるのに、敢えて似た形の異素材(でもコットンキャンバス、似とるやん)バージョンを、果たして買いたい人いるのかしら…?

 

しかも着丈かなり短いので、オーバーサイズが標準化したトップスとの整合性を取るのが難しそうに感じます。上級者の人であれば着こなせそうですが、初心者のお父さんが羽織ると…(察して)。

 

スポンサーリンク

 

 

アウター総括

 

コロナの材料供給停滞をビシビシ感じる内容でしたね。型数の減少や歴代のアイテムの焼き増し感が否めない印象です。まぁ…お父さん達は買わなくても良いかもしれません。アウター羽織る期間考えると、コスパは良くないですからね。

 

スポンサーリンク

 

 

ニット

 

はい、私の大好きなカテゴリです。このカテゴリはね、どれもかわいいのでオススメです。春夏はカジュアルな服装が中心になるので、ニットという大人びた素材を使うだけでも、かなりお洒落に見せることが出来ます。他のカテゴリに比べて一段高いテンションでお届けします。そうです、完全に贔屓ですが?(逆ギレ)

 

スポンサーリンク

 

 

Vネックセーター

 

www.uniqlo.com

 

ミドルゲージのVネックのセータ-です。一言で言えばそうなんですが、これは皆さん買いです。断言しますが、ユニクロUの春夏に出る長袖セーターに外れは存在しません。なんと言っても素材です。コットンとリネンというサラッとした肌触りのセーターなので、春夏に着用しても違和感がないのです。

 

公式ではフィッシャーマンニットのデザインと言っていますが、まぁそんなことは良いのよ(一蹴)。簡単にいうと漁師の人が着てたセーターなんですが、ぱっと見でそこまで分からないからセーフ。

 

オススメカラーはブラックとナチュラルです。どちらの色も使いやすい色味です。特にナチュラルは編み地のざっくり感が分かりやすいので、清涼感マシマシで特にオススメです。ただし、写真で見る限り袖や裾のリブがキツそうなので、買う際はワンサイズ大きめを買うと良いと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

ニットシャツ

 

www.uniqlo.com

 

サマーニットってやつです。オーバーサイズのTシャツをニットにしましたって感じです。これももちろんオススメですが、大抵即完売してます。仕事中にオンラインでポチる勇気の無い人は、ほぼ買えないと思って良いと思います。

 

普通のTシャツしか持っていない人はこのアイテムに置き換えるだけでかなり雰囲気を変えることが出来てオススメです。しかし、個人的には次に紹介するアイテムの方がオススメです。

 

スポンサーリンク

 

 

ニットポロシャツ

 

www.uniqlo.com

 

これはユニクロUで最初にでた当たり年のタイプ

 

はっきり言うが、このアイテムを複数枚買えば夏は乗り切ったと言っても過言ではない(断定)。ニットポロシャツは、全お父さんのおじさん臭をいとも簡単に吹き飛ばしてくれます。簡単にいうと上品なポロシャツなんですが、ユニクロUのニットポロシャツは当たり年と外れ年がくっきり分かれるから面白い。

 

昨年はリブがキツかったり、サイズ感がジャストだったりとはっきり言って外れでした。おじさん臭が拭えないアイテムでした。しかし、その次の年である今年は、恐らく写真を見る限りリブがかなり緩いように見受けられます。つまり、当たり年が来たって事だよ諸君!!知らんけど!!(予防線発動)

 

スポンサーリンク

 

 

ニット総括

 

ニットポロシャツとニットシャツは恐らく争奪戦になるので、発売したら急いで店頭に向かいましょう。昨年買った人も、同じサイズ感かは定かではないので、やっぱり店頭にダッシュしましょう。私もダッシュします。

 

スポンサーリンク

 

 

シャツ

 

シャツはやはり春夏に活躍するアイテムなだけあって、型数も多いですね。しかし、半袖のシャツって以前記事にもしましたが、お父さん世代が何も考えず着用してはいけない(戒め)。

 

もちろん着こなし次第です。私も半袖シャツ持ってますし。ただ、ファッションに疎いお父さんが初めて買うユニクロUアイテムが半袖シャツだと、ユニクロUの良さを活かしきれないと思います。少なくとも私はそう考えているため、半袖シャツ系には若干辛辣なコメントが目立つことを博士!お許しください!(ウワー)

 

スポンサーリンク

 

 

オーバーサイズシャツ

 

www.uniqlo.com

 

写真が見つかりませんでしたが、私も前のシーズンの同名のアイテムを持っています。名前の通り緩いサイジングのシャツなのですが、作りがとにかくキレイで丁寧。ルメールさんのブランドでも使われている「第一ボタンを締めたときの襟の角度がシャープになるパターン」をユニクロUでも採用してくれています。

 

これかなりすごいことなんですよ!ルメールさん自身のブランドの価格帯を知るとチビります。そんなアイテムと同じこだわりを3,990円で味わうことが出来るんですから、やっぱすげぇや(感嘆)。色はどちらもオススメですが、暗い色味のシャツって案外持ってない人多いと思うので、1着目はダークグレーをオススメします。

 

総じてコスパの高いシャツなので、まだカジュアルなシャツで質の良い物を持っていない人は特にオススメです。

 

スポンサーリンク

 

 

オーバーサイズストライプ・チェックシャツ

 

www.uniqlo.com

 

www.uniqlo.com

 

上のシャツの柄番です。無地に飽きた人は柄にチャレンジしてみても良いかもしれません。ストライプは淡い色、チェックはブラウンカラーなので柄が入っていても主張が程よいので、アクセントにちょうど良いです。特にチェックは柄も小さいので、オススメ。総じてユニクロUの長袖シャツは買って間違いないです。持っている人もお好みで買い足しましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

半袖シャツ達

 

www.uniqlo.com

 

www.uniqlo.com

 

www.uniqlo.com

 

タックインとかするならまぁ…

 

結論:かわいいんだがカジュアルが過ぎる

 

これにつきる。ゆったりサイズの半袖シャツは無地だとしてもやっぱり難しいです。まぁ私もかわいくて前シーズンのもの買ってますけどね。普通にデニムに合わせるにはあまりにもカジュアルが強いのです。

 

ルックにも多用されている紫シャツですが…絵映えはしますが、リアル世界を生きる我々からすると、あまりにも難しい…。20代の方でしたら、スタイルや若さでカバーできるかなと思います。そうで無い方は、素直にニットポロシャツ、買おう。

 

スポンサーリンク

 

 

シャツ総括

 

長袖と半袖で私の好みと使いやすさがくっきり分かれました。まぁ、どんな型を展開されたとしても、同じようなことを言ったと思います。長袖シャツは万人にオススメですので、とりあえず店頭で試着してみてください。

 

個人的にはチェックシャツがアツいです。

 

スポンサーリンク

 

 

前半終了

 

結局文字ベースで5千文字超えちゃった☆

 

シンプルにコメント多すぎました。流し読みしてくださいね。前半でオススメなのは、やはりニット類全般と長袖シャツです。手持ちのミリタリーアイテムとの親和性がバツグンに高い物ばかりなので、まず間違いないと思います。

 

後半はTシャツからグッズまで駆け抜けます。…正直私の好みは前半がピークなのであった(絶望)。まぁでも、同じくらいの熱量でお届けするから、もし良かったら見てくだされ。