服の細道

ミリタリーとアメトラにハマった男の末路です

MENU

コスパの高い革靴ならロスコ一択でしょって話

大前提に、革靴はある程度値段がするものを買うことをおすすめしています。それは、色んなところで言われていることですよね。私自身パラブーツという7万円ほどの革靴を清水の舞台からフライアウェイして手に入れましたが、値段なりの理由とクオリティがあるってことを強く感じました。

hukuhukushi.hatenablog.com

hukuhukushi.hatenablog.com

 

だが、お父さんはそんな高い革靴買えない

 

知 っ て た 。そらそうだ、必需品ではない消耗品にそこまでの値段は出せませんよね。じゃあ

  • グッドイヤーウェルト製法で
  • ツヤがきれいかつお手入れ簡単なガラスレザーで
  • 8,000円程度で買える革靴

だったらいかがです?って話

目次

 

ロスコのオックスフォードシューズは最強コスパの隠れた名靴

良い革靴の条件って、人によって様々だと思います。ただ、革靴にさほど慣れ親しんでいない人にとっておすすめする革靴であれば何となく条件が絞られてくるんです。なぜなら、比較する対象がスニーカーしかないので、スニーカーにはない魅力を求めていると考えられるからですね。

 

  • 私服で使いやすい丸みのあるフォルム
  • ツヤを感じられる革
  • スニーカーに近い歩き心地

 

恐らくこんな感じですかね。仕事用ではない用途の革靴なので、スニーカーに近い使いやすさと革靴らしいツヤを感じたい人が多いと考えられます。それゆえ、手頃でお洒落なドクターマーチンがカジュアルな革靴の代表的存在となっているわけですね。

 

 

確かに、アイコニックな黄色ステッチやころんとしたシルエットは使いやすいですね。1万円ちょっとあれば購入できますし、ガラスレザーでお手入れ楽ちん!

ただつまらない。

 

決してアンチドクターマーチンではない

 

いや、みんな履いてるから私も履こうって人ならそれでいいんです。こだわりを持ってドクターマーチンを選ぶなら、全然ありです。ただ、使いやすいカジュアルな革靴ってだけでみんなが履いてる物と同じ物を選ぶのって…なんだかお洒落な選択じゃない気がします。差別化がカギなのに、みんな履いてる物選んだら陳腐化しちゃいますやんか。

 

それに、ドクターマーチンは出自からパンクカルチャー、ワーク的な印象が強いアイテムです。それを踏まえてコーデを組むなら本当にお洒落だと思います。でもなぁ~背景知らずに革靴選ぶのはなぁ~…。

 

今のところ害悪おじさんですね、ごめんなさい。だってだって~せっかく革靴選ぶなら背景とか国とか色々吟味して選ぶ方がずっと楽しいんですも~ん。

 

そこでミリタリーを強く推し進めている当ブログのおすすめ革靴は、ロスコなんですよね。

 

 

このお店で購入しました。8,000円弱なのはウレシイ…ウレシイ…。

概要

rothcoswanjapanjp.com

待って!?日本公式ホームページ出来てたの!?はぇ~…このロスコというアメリカのブランド、6年前購入したときは日本語の公式ホームページが存在していなかったため、色んなレビューを頼りにサイズ感なんかを予想して購入したもんです。

 

70年以上の歴史を誇るアメリカのアウトドア、ミリタリーブランドです。軍規格、所謂ミルスペックのものもラインナップされています。質実剛健なアイテムが低価格で購入できるため、とてもおすすめです。カモ柄のカーゴパンツなんかは2ndでも紹介されていることが多いです。

 

この面構えで8,000円くらいなのは安いよね

そんなブランドの革靴なんですが、まぁ~とにかく丈夫。ガラスレザーと聞くとツヤがキレイでお手入れいらずの一方で脆いというイメージがあるかと思います。しかし、6年間、最低でも週一回は履き続けてきましたが写真のような状態です。もちろん靴磨きしているからってのもあるかとは思いますが、もとの作りの丈夫さがある故だと自信を持って言えます。

 

箱はパラブーツのものです

見て頂くと写真越しでも伝わると思いますが、このツヤがとにかく良い感じ。嫌らしすぎない程よいツヤなので、ミリタリーらしいルックスを中和してくれています。

 

ソールの厚さやトゥの丸さや外羽根のルックスなどカジュアルな革靴に求められる条件を揃えつつ、ガラスレザーの程よいツヤがマッチしています。おかげで、デニムやカーゴパンツなどカジュアルなボトムスだけでなく、スラックスにも合わせやすい万能な革靴に仕上がっているわけですね。

 

さらに、グッドイヤーウェルト製法という非常に手間のかかる作りを採用しています。どういう製法かはもう他の詳しい方にお任せします。メリットはとにかく丈夫でソールの交換が可能な点です。まぁ、ソール交換の工賃の方が高いと思うので、丈夫さのほうが大きいかな?

 

これだけ魅力が詰まってて8,000円ほどで買えるってすごくないですか?ドクターマーチンより安いんだからみんなこっち買えば良いのに。まぁ、知名度の違いでしょうね。

 

サイズ感について

さて、そんなロスコの革靴ですが、皆やっぱり気になるのはサイズ感ですよね。アメリカのブランドだけに足幅などサイズ感に不安を抱く人も多いと思います。試着できないのでそこも不安の一つですよね。

 

結論としては本当に普段通りのサイズ選びで大丈夫です。私は大体27.0cmのサイズを選びますが、アメリカの靴だしなぁ…ってことでハーフサイズ下げました。まぁ…履けないことはないんですが、普段通りで良かったなって感じです。

 

なにより紐靴ですからね、ある程度調整は効くので普段通りのサイズ選びで買って問題ないかと思います。

 

まとめ

弱点が見つからない

これだけメリットだらけで、1つくらいデメリット言ったろうと思ったんですが…ないなぁ。革靴初心者の人ならまず満足できる一足です。また、周囲の人と被りたくない人なら絶対おすすめ。

 

ロスコのオックスフォードシューズ、楽天やアマゾンで8,000円ほどで購入できるので初めてのカジュアル革靴にロスコ、ぜひ。