服の細道

ミリタリーとアメトラにハマった男の末路です

MENU

【フランスの本気】パラブーツの万能っぷりをコーデ付きで解説する話

以前、コチラの記事でパラブーツのウィリアムはミリタリーをこよなく愛する大人の男性にとって最高の革靴って話をしました。

 

fuku-no-hosomichi.com

fuku-no-hosomichi.com

 

その記事のおかわりです。えぇ。

 

いや、違うんです。前回は靴単体について歴史や良いところなんかを広く紹介しました。が、私気づいたんです。

 

コーデ写真もなしで判断できますかいいえ出来ません、と。

 

今回はバッチリ撮ってきました。軍パンはもちろん、ワークパンツやデニムとも相性抜群って所をお見せしましょう。

目次

 

パラブーツのウィリアムはトレンドにバッチリハマる最高の一足

どんな靴?

一生履きます

 

フランスで一貫して作られている最強のカジュアル革靴です。モデルにより特徴は様々ですが、今回紹介するウィリアムの代表的なディティールは以下の通りです。

 

  • ツヤと耐久性を両立したオイルドレザー
  • 自社で作られている歩き心地バツグンのゴムソール
  • ステッチと堅牢性が特徴のノルウェイジャン製法

 

詳しくは上記の記事からご覧になってください。今回はいわば実践編、コーデ写真にてウィリアムの使い回しやすさを証明して見せます。

 

どんなコーデに合うの?

ウィリアム自体、全体的にボリュームのある一足となっています。今流行のワイドからスリムまで幅広くカバーしてくれます。ね?最高でしょ?

 

また、カテゴリとしても守備範囲がとても広い!えぇと…シジマールくらい?すみませんパッと浮かんだ有名なキーパーが彼くらいしか出てきませんでした。

 

まぁそれはそれとして、革靴なのでスラックスとも相性が良いです。一方でダブルモンクストラップデザインのためミリタリーとも相性がメチャクチャ良い。最高に良い。

 

また、ステッチやバックルなどディティールが程よく効いているため、デニムやワークパンツなどカジュアルなパンツとも相性が良いのです。つまり私服ならどんと来いってことです。

器の広さに全男性が涙したのは言うまでもありません。さ、泣きたまえ。

 

コーデ見せて?

フレンチミリタリー

はい、いつものね
  • トップス:セントジェームス ナヴァル
  • ボトムス:berjack m47

 

 

 
私が散々ミリタリー最高フレンチ最高と言ってたコーデです。トップスのボーダーはフランス海軍の制服に採用された実績があり、ボトムスはフランス軍を代表するカーゴパンツ、そしてパラブーツ…。全てメイドインフランスです。
 
もうね、着てるだけでテンション上がります。フレンチカジュアルの良さが全て詰まったアイテム達、コーデです。肩の力抜けてるのに、なんかお洒落に見える…それこそが最大の魅力です。
 
肩の力が抜けすぎないようにしてくれているのが、何を隠そう足下のパラブーツ大先生なワケです。m47の裾の太さに負けないボリュームと、革靴らしい程よい丸みのトゥのおかげでカジュアル一辺倒にならないようにしてくれているわけです。
 
正直、ボーダーは量販店で買えますし、m47じゃなくたって軍パンはいくらでもあります。ただし、似たアイテムを持ってきたとしても、足下がパラブーツのウィリアムじゃないと、ここまでかっこよくなりません。断言できます。
 

爽やかペールトーンワークコーデ

流行ってますよね
  • トップス:スティーブンアラン シアーシャツ
  • ボトムス:オアスロウ フレンチワークパンツ

 

 

 

お次は白パンツを使ったコーデ。白パンツの有用性も以前記事にしたので、そちらも見てね(はぁと)。

fuku-no-hosomichi.com

 

最近じわじわ流行っているシアーシャツ。ほんのり透ける非常に薄手のシャツを指します。レディースでは比較的定番の生地ですが、最近になってメンズでも取り入れられるようになってきています。

 

写真で着用しているスティーブンアランのものは、御殿場アウトレットで購入した物です。薄い緑色のシャツが欲しかったときに見つけたので即購入しました。

 

そんな明るく優しい色合いのシャツに合わせたのは、これまた明るい白色のワークパンツです。レギュラーストレート(やんわりテーパード)、かつ白色なのでブラウンのウィリアムとこれまた自然に馴染みます。

 

ミリタリーとワークは非常に似た特性やディティールを持っています。このコーデではそんなカテゴリの近さと色を拾って落とし込んだものとなっています。

 

イケメンならもっと似合ってたシンプルデニムコーデ

悪かったなイケメンじゃなくてぇ!

トップス:ユニクロU クルーネックT(半袖)

ボトムス:オアスロウ 105

 

www.uniqlo.com

 

 

最後はほどよく色落ちしているTHE☆ジーンズを使ったコーデ。もうさ、見て?デニムとの相性の良さよ。

 

これが、足下がスニーカーだったら一気にお父さんになります。アメカジ大好きな、お洒落はよく分からんよ~って感じ。それが足下がウィリアムになった途端に一気にお洒落になったの分かりました?おわかりいただけただろうか。

 

ただの白T、ただのジーンズなのに…て思いますやん?3つのコーデの中で最も再現性が高いアイテム達なのに、圧倒的にお洒落に見えるのな~んでだ?

そうだね!ウィリアムがすごいんだね!

 

デニムと革靴の相性が高く、ローファーやオックスフォードシューズでもお洒落に見せることは可能ですが、それらよりもずっとボリュームがあるため、デニムらしさを損なうことなくお洒落に昇華してくれているわけです。くぅ~、最高だな。

 

まとめ

 
いかがでしたか?ミリタリー、ワーク、デニム…代表的なカジュアルボトムスと合わせてみましたが、どれともバッチリ馴染んでましたよね。
 
もうね、一度体験して欲しい。この使いやすさ。納得するから絶対。高くてもずっと使えるから本当に。
 
色んなディティールを採用しながら決して安っぽさがない最高の革靴、パラブーツのウィリアムの紹介でした。持ってる人なら絶対共感してくれるんだけどなぁ…。