服の細道

ミリタリーとアメトラにハマった男の末路です

MENU

夏のお洒落にあんまりこだわらなくていい理由

いやぁ毎日暑いですね。みなさん体調大丈夫ですか?水分摂ってます?お洒落は我慢なんて言いますが、そうも言ってられない暑さが続いているので、みんな、気をつけようね!

 

んで、以前夏のお洒落の決定版コーデを紹介する記事を書きました。

 

fuku-no-hosomichi.com

 

その中で「とりあえずトップスは白T着ときゃええねん」的なことを言いました。夏のファッションに対しての比重は、1年を通すとあんまり高くないと私は考えています。その理由について、私なりの考えをつらつら書いていきます。

 

目次

 

スポンサーリンク

 

夏のファッションに対してあんまりこだわらない理由

これが、良い

スポンサーリンク

 

暑い

これオブこれ

 

ここ数年で、もうお洒落とか言ってられないレベルで暑くなりましたよね。ちょい暑いくらいであれば長袖シャツを腕まくりして着用するスタイルを積極的にやっていましたが、もうそんなことしたら腕溶けちゃいます(?)。

 

ここまで暑いと当然アウターなんて羽織れませんし、楽な格好になりたいですよね。つまり、つかえるアイテムが限定的になってしまう以上、お洒落できる範囲が他の季節に比べて狭いのです。

 

もちろんその中で出来るお洒落を楽しむのは当然として、あれこれ工夫を凝らしてアイテム数を増やすよりも、来たる秋冬に向けたアイテムを物色する方が長く楽しめます。

 

スポンサーリンク

 

差別化が楽

上で述べたとおり、みんな暑すぎてお洒落所の騒ぎじゃありません。つまり、ポイントさえ押さえれば簡単にお洒落が出来てしまうことを意味しています。ポイントは「夏らしさ」と「大人っぽさ」です。

 

はいお洒落

 

それがまさに、白T+革靴の着こなしです。

 

ボトムスは何でも構いません。短パンだったらローファーなどボリュームの少ない物を選ぶくらいの工夫は必要ですが、逆に言えばそれくらいで大丈夫です。フルレングスのパンツであれば多少のボリュームがあっても良いです。

 

fuku-no-hosomichi.com

 

つまりこの記事を見て欲しいってことです(ゴリ推し)

 

ただ、どうしても白T以外のトップスが着たいよドラえもんっていうわがままのび太君であれば、タックインがオススメ。

 

案外やらないよね

そうすれば色物であるというカジュアル要素の部分を、スーツスタイルであるタックインというドレス要素によって相殺することが出来ます。このように少ないアイテムでもお洒落が出来る以上、真夏専用のお洒落アイテムを買い増す必要はないように思います。

 

スポンサーリンク

 

使える時期が限られる

あくまでイメージですが、「春、秋、冬」「夏」のように夏とそれ以外でファッションアイテムや着こなしが明確に分かれているように感じます。なので、夏のファッションアイテムはもう夏専用、青魚くらい賞味期限がめちゃ早いです。

 

ホントにお洒落を楽しむことに対して出費を厭わないのであれば、ガシガシ買って、どうぞ。ただお父さん達は厳しいですよね。

 

だったら秋冬に散財しようぜ

 

あれです。農業で言う畑を休ませる期間的な。かっこいいアウターを買うためにチャージする期間だと思えば良いんです。ただ夏が年々長すぎてほぼ休眠状態になるやないかいって話ですがね(半ギレ)

 

となると、夏限定じゃないアイテム…例えば靴やアクセサリーに手を出すと良いですね。年中使えますし、一度買えばかなり長い期間楽しむことが出来ますから。

 

fuku-no-hosomichi.com

fuku-no-hosomichi.com

fuku-no-hosomichi.com

 

靴の特集みたいな記事も書いてるので、是非。まぁ3足中2足は父の私物ですがね。あとは腕時計ですね。アクセサリーだと「僕お洒落にバチバチ気ぃ使ってんすわ」感があり抵抗感を持たれる方も多いでしょう。腕時計であれば時計としての実用性があるので抵抗感も少ないはずです。オススメの腕時計があるので、これ書き終わったら記事にするから待っててください。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ネ タ 切 れ ( デ デ ド ン ) 

 

ちょっとアレです。思考する時間が足りてないですね。いかんいかん…。とりあえず言いたいことは、夏は秋冬の準備期間ってことです。もう秋冬の展開も始まっているので、今からは夏物を買うのでは無く、秋冬物を探す期間にした方が結果アイテムを最大限に使う事が出来ます。

 

みなさんは秋冬に向けて準備できてます?これから暑くなる絶望感に苛まれる気持ちがあると思いますが、今のうちにワクワクしながら夏の暑さに耐えましょう。