服の細道

ミリタリーとアメトラにハマった男の末路です

MENU

【足首露出狂】無闇矢鱈にアンクルパンツを履かない方が良い理由

みなさん、夏は出来るだけ涼しげなコーデがしたいですよね。もちろん私もそう思います。そうした涼しげかつ小洒落て見えるコーデの一つに、アンクルパンツがあります。

 

去年、一昨年あたりからユニクロでアンクルパンツが強く押し出されたこともあり一挙に市民権を得たアンクルパンツですが、私思うんです。

 

アンクルパンツもう良くない?

 

今回はアンクルパンツの利点や、今のトレンドから見たデメリットなどを紹介していきます。大体アンクルってなんだよおじさんかよ違うよ(?)

 

目次

 

スポンサーリンク

 

 

アンクルパンツはもう時代遅れ!?理由を解説

フルレングスのロールアップはすこ

私の記事内で紹介しているコーデ写真を見て頂くと分かりますが、アンクル丈のパンツを使ったコーデは1つもありません。フルレングス、ジャストレングスばかりです。

 

いや、別にアンクルパンツを目の敵にしてるとかって訳では無いんですが、自然とフルレングスのパンツばかりになっています。理由は後述します。まずはアンクルパンツって何って所からです。

 

スポンサーリンク

 

 

アンクルパンツとは

 

9部丈、つまり足首が見えるくらいの丈感のパンツを指します。この丈の最大のメリットは足がすっきり見えることです。足の中で一番細い部位である足首を晒すことで、スッキリした印象を相手に与えることが出来ます。

 

また、純粋に涼しいため、夏場は特にアンクル丈のパンツが市場を席巻します。ユニクロをはじめとした量販店ではアンクルパンツは一定数の人気を勝ち得ている印象です。さらに何気なく重要なメリットは、裾上げがいらない点です。

 

ほら、服を大して好きじゃ無い人が最も嫌うことって店員に自ら声をかけることじゃないですか?(偏見) でも仕方ないよね、自分で裾上げ出来るわけないから頼まないといけませんから。

 

  1. 店員さんを呼んで
  2. 好みの丈を聞かれ
  3. 「えっ?」って困惑して
  4. 店員さんも「えっ」って戸惑って
  5. 嫌な空気が流れる

 

クゥ~ン(死亡)

 

裾上げでまさか好みの丈を聞かれるなんて思いませんよね。そうした地獄タイムを経験する必要がない点は、アンクルパンツの隠れたメリットだと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

アンクルパンツはトレンドとはほど遠い

 

またしばらくしたらアンクル丈が流行るのかしら

 

しかし、多くのメリットがあるにも関わらず私がアンクルパンツをオススメしない理由は、ずばりトレンドを意識することが若干難しくなるからです。今のトレンドはワイドパンツにボリュームのあるシューズを合わせるコーデが主流です。もちろん、例外はありますがまだまだ前線のお洒落コーデであると考えられます。

 

ワイドパンツのディティールはそのままに、履きやすさを考えてアンクル丈になっているパンツも当然あります。が、そうなると合わせる靴がめちゃめちゃ難しい。

 

アンクル丈になると、構造上ボトムスとシューズの境目がはっきり分かります。すると、何も考えずボリュームのあるシューズを合わせてしまうと極端にメリハリが尽きすぎてしまいます。逆にボリュームの少ないものを合わせると、今度はワイドパンツのディティールとメリハリが尽きすぎてしまいます。

 

このように、ワイドパンツの持つ良さとアンクル丈の良さが良い具合に良くないんです(語彙力)。どっちつかずになると言えば良いのかしら。

 

「だったらワイドじゃないアンクルパンツを履いて、靴だけトレンドフルにすれば良いじゃない(半ギレ)」

 

と思われた足首露出に対する絶対的信頼マンの方々、一旦落ち着いてください。やってみると分かりますが、〇ッキーになります(ハハッ)。

 

足だけボリューム感満載になるため、強い違和感になります。下半身のテーマがトレンドなのか安定なのか、バランスがブレッブレになってしまうんです。

 

つまり、アンクルパンツを履くことを決めた時点で下半身でトレンドを意識することが必然的に難しくなります。もちろん、出来ないわけじゃありません。ただハードモードになるってだけです。

 

スポンサーリンク

 

 

トレンドを入れつつ足下をスッキリ見せたいだって?

 

ロールアップすればええんやで(ニッコリ)

な ら ロ ー ル ア ッ プ よ な

 

フルレングスのボトムスの裾を2回ほどロールアップしてあげれば良いんです。ね?簡単でしょう?

 

そうすれば裾のボリューム感を維持しつつ足首をスッキリ見せることが出来ます。さらに自分で調節が出来るので、メリハリの尽きすぎを防止することも可能です。そう!つまりフルレングスのボトムスは、

 

  • フルレングスをそのまま楽しむ
  • 1回ロールアップしてジャストレングスを味わう
  • 2回以上ロールアップしてアンクル丈を浴びる

 

このようにその時々に応じたコーデに合わせることが出来てしまうんです。一方アンクルパンツは、アンクル丈しか出来ません。選択肢が多いと言うことは、それだけ1つのボトムスで出来るコーデが多いことに繋がります。

 

逆に、選択肢が無ければそのコーデに即したアイテムを当てはめれば良いだけなので楽と言えば楽です。そこまで来たらあとは自分で決めるんだな(無慈悲)。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

 

そんなわけで、アンクルパンツ大好きおじさんの皆様いかがでしたか?使いやすいし、スッキリ見せることが簡単にできるアンクルパンツですが、それ即ちお洒落になれるって訳では無いことに注意しましょう。え?じゃあお洒落にするにはどうしたら良いって?

 

fuku-no-hosomichi.com

fuku-no-hosomichi.com

fuku-no-hosomichi.com

 

そういうことだよ(?)

 

スポンサーリンク