服の細道

~妻は私の趣味に1ミリタリーとも興味を示さない~

MENU

【仏蘭西】フレンチと名の付くコーデに身を包めば大抵ウケがいいんだよねって真理【大好き】

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

凱旋門、私です。

 

あのですね、ファッションでモテようとするのは愚かだと、私は思っています。かっこよければ万事オッケーには、残念ながらならないんですねぇ。ま、気持ちは分かるんです。私も最初は不純な動機からですから。

 

fuku-no-hosomichi.com

 

で、服を好きになればなるほど、かなりの確率で好感を持たれるファッションカテゴリがあることに気づきました。それは、男女関係なく一定の評価を貰うことが出来、それでいてファッション分かってる感もなぜか出せる。

 

その名はフレンチ○○、キレイさと抜け感を程よく併せ持った、女子と服に興味ない男子から好かれて、服ガチ勢からあんまりよく思われていない(偏見)このカテゴリについて気ままにお話していきます。

 

え?私?好きですよ!女子からはモテませんが、ね!!!!!!

 

目次

 

スポンサーリンク

 

 

雑誌で言うと

 

 

ファッジ系といえば伝わりますか?あの空気感、どことなく気取ってないのにお洒落だぜ?を演出するあの雰囲気が、フレンチ○○系の最大の特徴です。なんなんでしょうね?あの全然お洒落意識してないのに、なぜかお洒落になっちゃうんだよなぁ~(前髪ファサッ)感…。なんか腹立ってきたな(八つ当たり)。

 

しかし具体的にこういうのがフレンチ系!と言える定義って…結構あいまいな気がします。そこで、私が思うフレンチ系の定義をお話していきます。これを参考に服を選んでいくと、フレンチ味を感じてもらえるはずです。知らんけど。

 

スポンサーリンク

 

 

その①:ドレスとカジュアルのバランス

 

私が思うに、フレンチ系の定義は様々あると思いますが、「ドレスとカジュアルのバランスが1:1」なんじゃないかと考えています。一般的にキレイ目なカジュアルファッションと言われるコーデ(のイメージ)はドレス:カジュアル=7:3程度です。基本ドレスだけど、私服だとちゃんとわかるアイテムを入れてあげる、そんな具合ですね。

 

ウールモッサでお世話になりました

 

一方フレンチ系はというと、ややカジュアルな成分が多めです。よく称される抜け感のある着こなし~的な謳い文句は、恐らくこのカジュアル強めな配分にあるんじゃないか、と思うわけですね。因みに1:1だと、人によってはカジュアルに見えちゃって、お洒落じゃなくなるのでは?と思われるかもしれませんね。

 

fuku-no-hosomichi.com

 

大丈夫です。それを回避することは、比較的容易です。私のオススメは、革靴を履く、これです(いつもの)。というのも、再三お伝えしていますが革靴がもたらすドレスのインパクトは凄まじい。

 

な?(ドヤヤヤヤ)

 

極端な話、トップスにボーダー、ボトムスに軍パンという一歩間違えなくてもカジュアルなコーデでも、革靴を足元に据えてあげるだけでそれっぽくなるんですねぇ。

 

fuku-no-hosomichi.com

 

それに分かりやすいですしね。革靴以外カジュアルにしたって問題ないのであれば、コーデ選びも考えることが随分少なくなります。ま、お洒落好きな時点でコーデ選びの時間も苦じゃないでしょうがね!

 

スポンサーリンク

 

 

その②:色味

 

凝縮しているゥ!!

 

これはもう単純明快、困ったら白・青・茶を使えばいいです。小物に赤を使うのもオススメですが、まずは基本の3色はこれかなぁ、と思います。

 

fuku-no-hosomichi.com

 

まず白は、どんなコーデでも使えるので説明不要ですね。敢えて言うなら、フレンチ系の常套句である抜け感、これを演出するのに白はとびきり活躍します。今時期なら特に。

 

最高だよな

 

fuku-no-hosomichi.com

 

で、青はネイビーではなくサックスブルーなど爽やかさ強めな色です。ボーダーであればどっちもコーデに組み入れられるのでオススメです。

 

fuku-no-hosomichi.com

 

フランスのブランドのバスクシャツ、何着持っていてもええですからね。他にもインクブルー、フレンチブルーのパンツなんかは一本持っていると捗りますよ。

 

茶色ばっかりだぁ

 

fuku-no-hosomichi.com

 

茶色は、そもそもお洒落好きな人じゃないと手を出さんのですよ。ゆえに、取り入れるだけで簡単にオシャレに見えるカラクリです。特にボトムスですかね?そこに茶色持ってきたらあーた、あっと言う間に上級者です。その柔らかで温もり感じるところが、フレンチ系との相性の良さに拍車をかけているわけですね。

 

ブラウンのジャケットも良いですね、夏だけど

 

他にも、何とも形容しがたいニュアンスカラー系もオススメですが、それ言いだしたらもうなんでもありじゃないか!となるので、まずは3色です。具体的には、青系は濃紺のデニム、茶系はウールやモールスキンなどの生地がオススメ。温もり感半端ないのでね。

 

スポンサーリンク

 

 

その③:丸みのあるシルエット

 

イメージない?

 

 

これは完全ド偏見ですが、ワイドパンツ履いてハイカットのスニーカー合わせているイメージあるんですよね。これは…お洒落イケメンしか無理やろと思いつつ、やれたらかっけぇんでしょうなぁ。残念ながらめっきりワイドパンツを履かなくなったので、検証しようがありません。

 

そうそう!こういうの!!

 

ハイカットのスニーカーは…持っていますが売ろうかと…コンバースとか合わせている写真を、ファッジの誌面ではよく見かけたもんです。また、角が無いというか、尖ったコーデが少ない印象です。男らしさ、女らしさといった区分が無い、非常に中性的なファッションなのが特徴です。

 

 

まぁ使用している色味もそうですよね。ビビッドなカラーが少ないことから分かる通り、まろやかな印象を受けます。シャツにしても襟先が丸いものがあり、アイテム単体の丸っこさが良いですね。もちろん例外もあるんでしょうけどね。

 

 

太すぎ、細すぎのやりすぎ感がないってのは、どこか大人の余裕を感じますわね。

 

スポンサーリンク

 

 

え?ちょっと若々し過ぎ?

 

 

じゃあフレンチトラッドやろうな!

いやまぁ、言うて私もフレンチトラッドの定義はさして理解しているわけではないのです。困ったらバスクシャツ着るくらいかしら。基本好きなトラッドコーデにフレンチなアイテムを付け足すだけです。

 

 

シャツの上からニット代わりにバスクシャツを着用する方もいらっしゃいますが…あれバスクシャツのサイズ感難しくないです?普通に1枚で着用するサイズは愚か、ゆったり目のサイズでもピチピチチャパチャパなんですけど!?バスクニット的なものあります?

 

 

スカーフとか巻いてあげてもお洒落ですね。どことなくフェミニンな香りのアイテムを合わせてあげると、それっぽくなるイメージ。私もスカーフ挑戦したいねんな…。でも地方都市でスカーフしたところで、お洒落として認識されないんよなぁ~(遠い目)。

 

 

あとは優しい色味のスタンドカラーシャツとか最高に可愛くてええと思うんですよ。襟無いだけなのに一気に優しさ溢れるコーデになるから不思議。エクリュカラーなど、パキッとした色味でないものを選んであげてくださいね、私持ってないけど。

 

スポンサーリンク

 

 

どうして急にフレンチを取り上げたのかって?

 

布石ってご存じ?

 

まぁ、いずれ分かります。海の日に…私はフランスの風を手に入れる…アウターだけど。真夏だけど。良いんだよ!気にするなよ!細けぇこたぁいいんだYO☆。

 

まぁこのくそ暑い時期にも、フレンチ系のコーデは爽やかで、見る人に癒しと清涼感を与えてくれます(※ただしイケメンに限る)。イケメンをよりイケメンに、そうでない人はそれなりにしてくれる、フジカラーみたいな存在こそが、フレンチ系なんですね。今私は知らないところで誰かを傷つけましたか?

 

fuku-no-hosomichi.com

 

そんなわけで、爽やか成分が欲しい人はぜひ試してみてください。まずはバスクシャツから試すのがオススメです。今時期だとピリアックとか。