服の細道

ミリタリーとアメトラにハマった男の末路です

MENU

ミリタリーはまず軍パンから!初心者ほどトップスをおススメしない理由

当ブログではミリタリーをこれでもかというくらいに推し進めています。が、そうした記事の数とは対照的にミリタリーのトップスについて言及した記事は今のところ0です。

 

fuku-no-hosomichi.com

fuku-no-hosomichi.com

fuku-no-hosomichi.com

 

ミリタリーはいわば兵士のユニフォーム、パンツがあれば当然トップスやアウターもあります。しかし、お洒落に着こなすことを念頭にミリタリーを取り入れようとした場合、トップスはパンツ以上に苦労してしまいます。

 

本記事ではミリタリーのパンツ、軍パンはオススメされている一方でトップスはあまりもてはやされていない理由について私なりの考えをお話しします。

 

目次

 

 

ミリタリーのトップスを初心者にオススメしない理由

 

大前提に決して手を出していけないわけではないんです。ただ、軍パンに比べてトップスはすごくお洒落に持っていくのが難しい。そんな理由について、軍パンと比較する形で説明していきます。

 

バランス取るのが難しい

 

難しい…

例えば、前から歩いてくる人のコーデを観察するとします。その時あなたはどこから見ますか?普通に考えれば目線の先にある顔から上半身、次いで下半身という風な順番になるかと思います。

 

その関係上、一番初めに飛び込んでくる上半身の情報が下地になってコーデを観察することになります。そこでがっしり素材のカジュアルなミリタリーアイテムを着用していると、コーデの印象が強くミリタリーに引っ張られてしまいます。

 

逆に軍パンであれば、目線の関係上トップスの次に目に入る情報になるためバランスを取るのが簡単です。トップスにシャツやニットを持ってくれば、ミリタリーの強い印象を与えることなくアクセントにすることが出来るのです。

 

また、男性の場合トップスに対しボトムスの選択肢はかなり限られてしまいます。カジュアルなミリタリーのトップスのバランスを取りたい場合は、スラックスに限られてしまうんです。さらに革靴を併せようものなら下半身のドレスの強さとトップスのカジュアルの強さでちぐはぐしてしまうため、総合してバランスを取るのがとても大変です。

 

トレンド感がない

 

普遍的とはちょっと違うのよね

 

今世間ではオーバーサイズやワイドパンツ、脱シンプルがトレンドになっています。軍パンであればそのトレンドを拾うことが容易です。太いシルエットやポケットなどのディティールが今の空気感にマッチしています。

 

逆にトップスは、ポケットなどのディティールがついているものは多くありますが、サイズ感が基本ジャストで着用することを想定したものとなっています。最近はトップスがコンパクトのなってきてはいますが、まだまだオーバーサイズのトレンドは続くため、今ぴっちりしたサイズ感で着用することはあまりオススメできません。

 

サイズを大きく着ればいいと考えることも出来ますが、そうなると身幅に合わせて着丈も長くなります。もともと外国の方が着ることを想定して作られているため、サイズを上げると着丈が恐ろしく長くなります。そうなると、やはりバランスが悪くなってしまうので難易度爆上がりです。

 

良くも悪くもミリタリー感が弱い

 

強すぎィ!

 

正直見た目に関して、カモ柄が入っているとかでない限りはワークシャツでいいじゃんって感じです。わざわざミリタリーアイテムの中から探す必要があるかと聞かれると、難しいかなって気がします。全くないわけではありませんが、ミリタリーをコーデに取り入れたいのであれば、軍パンの方がよっぽど「らしさ」が出ますし、取り入れやすいです。

 

全身ミリタリーで揃えないといけない呪いに侵されていない限りは、無理してまでトップスを取り入れる必要はないと思います。あと今の時期着るには素材がタフすぎて暑すぎィ!

 

なおアウターは名作揃いの模様

 

このカモ柄若干珍しくてすこ

 

 

上半身にミリタリーを持ってくることの難しさをお話ししましたが、アウターになると若干話が変わってきます。シャツ、スラックス、革靴にミリタリージャケットやコートを着ればあっという間にモッズ、イギリスの着こなしが完成します。一例ですがね。

 

国ごとに色合いやデザインが異なるため気に入るデザインを探す楽しみもありますし、コーデにおける広い面積を占めるため、ミリタリー感を強く感じることが出来ます。

 

秋冬に向けて今のうちからお気に入りのアウターを物色するのも良いですね!

 

まとめ

 

以上がミリタリー初心者の方にトップスをおススメしない理由です。実際私もミリタリー由来のトップスは持っていません。ワッフルのカットソーやスウェットはいくつかありますが、古着でなくブランドから出されているものを購入しました。それはまた追々やります。

 

今回の記事はあくまでも私の一意見なので、「そんなの気にせずおいらは全身ミリタリー祭りだZOY☆」という猛者はそのまま突き進んでください。フランス軍のチャドシャツなんかは有名ですね。

 

 
また、ロシアのスリーピングシャツやフランスのバスクシャツなんかも立派なミリタリー由来のアイテムですが、見る人が見れば普通のヘンリーネックTシャツやボーダーのTシャツですもんねぇ。
 

 

 

 
それだけミリタリーアイテムは我々の生活に根付いていると捉えれば悪い気はしませんね。何様でしょうか、いいえ誰でも。