服の細道

ミリタリーとアメトラにハマった男の末路です

MENU

【古着vsレプリカ】ミリタリーアイテムはどちらを選ぶのが正解なの?って話

ま た ミ リ タ リ ー

 

fuku-no-hosomichi.com

fuku-no-hosomichi.com

fuku-no-hosomichi.com

 

ミテネ(裏声)。

 

んでね?お父さん達も一触即発な話題に触れていきます。あぁ~まだ喧嘩しないで話題に入ってすらいないのに…。

 

ミリタリーアイテムはもう大人気のジャンルのため見たらみんな買いたくなっちゃうのは当然として、入手方法として

 

  • 古着を古着屋さんで買う
  • レプリカをブランドで買う

 

この2種類があります。どっちが正義かって話です。

 

目次

 

古着vsレプリカ それぞれの良さと注意点

いや別にどっち選んだって良いと思うんです。ファッションは自由なんだから。フリーダム、リバティーです。ただ、ミリタリーという恐ろしく歴史的背景が色濃いカテゴリなので、一部本格派を名乗る過激派の方々からするとどっちが本格的かって話になるんですよ知らんけど。

 

まぁそこまで過激派じゃ無い人も古着とレプリカどっちを選んだら良いのか分からない人もいると思うんです。なので、それぞれの違いをまとめていきたいと思います。

 

赤コーナー:古着

 

 

いきなりざっくりとミリタリーを古着で買うのがオススメな人はこちらです。

 

  • とにかく安く買いたい人
  • オリジナルのディティールにこだわりたい人
  • 経年変化した状態から着用したい人

 

1つ目から説明していきますね。

 

安い

もう散々ミリタリーの記事で安い安い言ってて耳にたこができてしまいますが実際にできるわけでは無いので構いませんねッ!?

 

ヴィンテージアイテムだともちろん高くなりますが、比較的数が多く市場に流れている物であれば下手しなくても3,000円で買えてしまいます。ユニクロやん。

 

理由はシンプルで、大量生産して数が豊富にあるからです。ミリタリーアイテムは基本的に無駄な機能は付けず最低限のディティールや素材でたくさん作ることが求められます。そのため、数の暴力により安い価格で買うことができるわけです。ブランド料っていう概念もありませんしね。

 

本物

何をもって本物とするか難しいですが、当時決められた規格に則って作られたものをそのまま買うため…まぁ本物ですよね。特に男性は年齢を重ねて行くにつれて本格志向が強まる傾向にあります。私調べです。

 

そうした人からすれば、本物を参考に忠実に再現したものを買うよりも当時の姿形のものを買った方が得られる心理的満足度は高いです。所有欲を満たしてくれます。

 

初めから最高の状態

新品で買った服を何回も何十回も着用していくことで、その人の体にフィットしていきます。また、着用して洗ってを繰り返すために生地がクタッとして柔らかくなったり、目が詰まって買った当初とは全く違った表情を見せてくれます。

 

これを一般的に調教経年変化と呼びます。古着であれば初めからその経年変化した、ある種こなれた状態で着用することができるわけです。

 

育てる楽しみはありませんが、最初からこなれた状態で着用したい人は古着で買う方が間違いなく満足できます。

 

まとめ

もちろん例外はありますが、古着で買うメリットは上記の通りです。注意点としては、大量にあるミリタリー古着の中でコレだ!っていう1本に巡り会うのが中々大変です。探す楽しみがあるとも取れますが、ファッション初心者に人がいきなり巡り会うことができるかと聞かれると難しいのかなぁと思います。

 

え?それでも古着で良い物に巡り会いたいって?

 

 

俺 ガ イ ル

 

 

fuku-no-hosomichi.com

 

こんな風にオススメな軍パンとかまとめてるから、見て参考にして、どうぞ。

 

青コーナー:レプリカ

 

 
こんどはレプリカでミリタリーアイテムを買うのがオススメな人です。
 
  • (人気なヴィンテージアイテムを)安く買いたい人
  • 現代的な履きやすさを求める人
  • 新品がいい人

 

こんな感じ。1つ目から見ていきますかね。

 

希少なオリジナルは、高い

M-47が良い例ですが、オリジナルでサイズの良い物に関しては恐ろしい価格になっています。となると、お小遣いに限界があるお父さん達は買うことがとっても難しい。

 

 

だったらレプリカでええやん(ええやん)。ディティールはきちんと再現されていてこのお値段なら…文句ないでしょ?

 

十分やんけ!

ちょうどうちの父が持ってたので着用してみましたが、素材や形、価格など文句の付けようがない出来でした。このように、オリジナルが希少化しているようなアイテムでも、レプリカなら低価格で楽しむことができます。

 

ファッションとして着やすい調整

当時のミリタリーアイテムは当たり前ですが当時の技術で作られているため、今と比べると壊れやすかったりシルエットもファッショナブルとは言えません。当たり前だよなぁ?

 

レプリカではディティールを忠実に再現しつつ現代の私たちが着やすいようにブランド側で調整してくれている物が大半です。え?復刻なんだから全部再現してこそだろって?

 

じゃあ古着で買えばええやないですか?

 

やっぱり古着で買うと「ここがこうだったらいいのに」とか「ここがちょっとなぁ…」ってところが少なからず出てきます。そういった点はそのまま再現するのでは無く、使いやすいアップデートが施されているのがレプリカの最大の強みだと思います。

 

新品

当たり前だよなぁ?

 

古着を参考にリプロダクトされたものですから、当然に新品です。古着が苦手!って人や、長く着用して育てたい!って方は迷わずレプリカを買うべきです。

 

また、古着だとサイズや状態に個体差があるので、オンラインで買うのはちょっと勇気が必要です。少しでも失敗したくない人は、レプリカがオススメです。

 

まとめ

レプリカのメリットはこんな感じ。これといった注意点は特にありません。「絶対に古着以外ミリタリーとは認めない!!」って人で無ければ、レプリカ購入を検討しても良いかもしれません。最近は復刻元に対する愛が半端じゃないブランドが多くあるので、安心して良いです。

 

とはいえ、そんな中でもオススメなブランドが知りたいよって?

 

そ の た め の 私 で す

 

 

fuku-no-hosomichi.com

 

まとめ

ざっとではありますが、ミリタリーアイテムを買ううえで古着とレプリカそれぞれのメリットを解説しました。どちらにもメリットがあるので、比較して自分に少しでも合いそうな方を選んでもらえばと思います。

 

初心者の人はまずレプリカで人気所のアイテムを押さえて、そこから古着の沼に消えていけば良いと思います。